データ化することで名刺を有効活用することが可能

紳士

分析がビジネスに有効

IT

顧客を知るための手段

CRMが重要視されてきたのは最近の事です。CRMとは顧客視点で情報を管理し、長期的な関係を構築するための分析手法です。マーケティングの一種で、収益拡大に直結する経営手段として多くの会社で取り入れられています。消費者であるエンドユーザーのニーズの多様化は商品が飽和状態になったバブル崩壊直後から顕著になっています。それぞれのライフスタイルに合わせた消費スタイルが中心となり、皆が一律になって消費行動を行うのではなく、消費者が自由に商品を選択するようになってきたのです。そしてさらに海外の製品もこれに加わるようになり、消費戦争は激化してきたのです。顧客視点で常にモノづくりを進めることがビジネスを成功させるポイントとなったのです。そのため、企業におけるマーケティング活動が日常化されるようになり、CRMといった顧客を中心に接点を持った履歴を分析するようになったのです。CRMを導入することで生の顧客情報を収集することができ、何を消費者が求めているのかを精度高く分析できるようになった経緯があります。CRMの導入では、個々の顧客に適したサービスや商品を効率よく提供できる点が実現可能となるのです。消費者の行動や嗜好パターンを分析することで次に重要となる商品を予測して顧客に提案活動を繰り返し行う事ができるようになります。顧客を知らずして商品を販売することはできないのです。新しい顧客として、この活動を積極的に行っている企業も多いです。この活動により、CRMが魅力的に感じられるため、相乗効果も得られます。